ショップリード文

ゴールド コラソン N9N032

10,780円(税980円)

購入数
アステカ時代にスペイン人によりメキシコに持ち込まれたローマーカトリック。
その布教拠点となる教会建築も盛んに行われました。

当時の教会建築の主流はバロック建築で、
メキシコ各地にバロック様式のカテドラルが建設されました。
ウルトラバロックと呼ばれるメキシコ独自のバロック様式は
細かな彫刻や金を使ったギラギラで過剰な装飾が特徴です。

こちらはウルトラバロックには欠かせない、
「ギルディング」という技法を用いて作られた壁飾りです。


ギルディング( 金箔はり)は、すでに4000年前のエジプトで行われていたそうです。
削ったままの木は多くのすき間があるので、まず隙間を埋めるための塗料を塗ります、
その上に漆喰のようなものを何層も塗り重ね、固まったら仕上げの彫刻を施します。
最後に金箔の下地となる塗料を塗って準備完了。

これに金箔を貼るのですが、貼った後も馴染ませる作業や
アンティークのような雰囲気を出すための塗料塗りなど
ギルディングはとても時間の掛かる作業です。
メキシコでギルディングのインテリア雑貨を扱う店は少ないです。
これらはとても希少価値のあるものと言えます!

ゴールドに赤いコラソン。
インパクト大なのですが、重厚な作りなので深みもあります。

N9N032 ゴールド コラソン
PRICE:¥9800(税抜き)
MATERIAL:木/金箔
SIZE:H約20 W約17 約T3
COLOR:ゴールドxレッド

2019年05月26日nifunifaBLOGに掲載しています。