ショップリード文

マルベルデ像(立ち) N6H147

4,104円(税304円)

ヘスス・マルベルデとは、ひとことで言うとメキシコのカルト(民間信仰)
とくに麻薬関係者(ナルコ)さん達からアツく支持される神さまです。

聖地は、麻薬関連の事件が多発するシナロア州/クリアカンにあります。
クリアカンとマルベルデ信仰、この2つの結びつきは偶然ではなく必然。

ことの始まりは、第二次世界大戦中。
アメリカがメキシコ政府と麻薬栽培推進の契約を結びます。
貧しかった農民たちは、高い賃金が保証される麻薬栽培に移行。終戦と共に栽培禁止!
少しの期間でも楽な暮らしを経験してしまった農民たちは、
元に戻れず密売に手を染めてしまいます。
力をつけた農民は、やがて麻薬組織(カルテル)へ。

不幸の始まりは、作られたものだったことへの民衆の反撥!
それがマルベルデ信仰の広まりのように思います。

実際、クリアカンの礼拝堂を訪れ、
関わる人々に会うとカラっとした明るさに驚きます。
一般の人たちにとってマルベルデは、ちょっとダーティーなヒーロー、
愛と金運の神さまなのです。

N6H147 マルベルデ像(立ち)
PRICE:¥3800(税抜き)
MATERIAL:レジン
SIZE:H21cm W7cm T7cm

2016年07月21日nifunifaBLOGに掲載しています。

おすすめ商品